2009年3月アーカイブ

1
いきなりですが今回はこの画像から。
これはIA1決勝ヒート2のフォーメーションラップ直後です。
各チームのクルーがデッキブラシでリヤタイヤが乗る部分を
丁寧に清掃している所です。
コンマ数秒を縮める為の努力がこんな所にもありました。
1週のウォームアップを終え整然とスタートラインに並びます。
2
成田選手は目を閉じていました。
コンセントレーションを高めているのでしょう。
私も祈るような気持ちでスタートを見守りました。
3
轟音と共にスタートするや今回はかなり良い位置をキープする成田選手。
4  5  6
終盤までハイペースでレースをリードします。
が、残り8分ほどでスズキの熱田選手にパスされてしまいます。
周回遅れもかなり目立ってきました。
7
クルーも毎周サインボードでタイム差を伝えます。
残り4分、成田選手は期待に応え再びトップに。
8  9
しかし、再び抜き返されタイムアップ・・・残念な2位に終わりました。
表彰台での成田選手の悔しそうな表情が忘れられません。
私も同様にとてもとても悔しかったのですから。
10  11
結果は2位でしたがとても熱くなるレースを見せてもらいました。
今年も年間チャンピオン目指して頑張ってください!
力一杯応援します!
12

1
IA1決勝ヒート1終了後、観客の皆さんはお昼を取るために
出店に行列をつくったり、お弁当広げたり。
のんびりした空気の中、各チームのパドックは
緊張を保ったまま次のヒートへむけてマシンの調整を行っていました。
2  3  4
おじゃまにならないようにそ~っと近づいてみました。
ハンドル周りの操作系の最終調整のようです。
もっと近寄ってみると・・・
5
まだリヤタイヤがついてません。
このときすでにIA2決勝ヒート2がスタートしていました。
この日天候が回復したため午後になってからコースの路面状況が激変してきていたのです。
6
見極めの時間ももうあまりありません。
メカニックが静かにタイヤ交換を始めました。
7  8
鮮やかな手際で交換が進みます。
下の画像は交換済みのフロントタイヤです。
9
今回最初の画像のフロントタイヤとの違い、お分かり頂けるでしょうか?
いろいろな状況にすばやく対応しているんですね。
こうでなければ全日本は走れないということです。
10
ちなみにケミカル類はヤマハ純正を使用してます。
12  13  14
タイヤも決まりました。
泣いても笑っても次のヒート2で結果が出ます。
やるべきことはすべてやった。
メカニックの表情に迷いはありませんでした。
次回最終回、感動のゴールです。

さてさて前回の続きです。
気になることと言ったのは、これです。
1
これはフロントタイヤの中心部分のハブという部分の画像です。
真ん中の軸になるところがアクスルシャフトといいます。
このアクスルシャフトはレーサーでは良く軽い金属を使います。
理由はバネ下の重量が軽くなるとサスペンションの
追従性が向上しますので皆ここを軽くするわけですが・・・
「これチタンですか?」と質問したところ
「いいえ、チタンではありません」とのこと
「では、何で出来ているんですか?」
「それはヒミツです。」
「え?」
「チタンよりも信頼性の高い材料で作られています。軽いだけで信頼性の低い物は使いません。」
なるほど・・・
しかしこんな所にヒミツがあるなんて・・・
ものすごく気になったのでちょっと調べてみたんですが
ひょっとして「S45C」で作られているのでしょうか?
当たりだったらうれしい・・・
「S45C」ってなに?と言う方。私に聞いてくださいお答えしますよ。
そんなこんなでパドックを後にしIA1ヒート1決勝に臨むのでした。
2
前日の天気の影響でコースは粘土のようにぬたぬたです。
画像は2コーナーですががんがん泥が飛んできます。
それにしてもこのクラスは別物ですね。
速い速い。
カメラで追いきれません(泣
3  4
応援団の声援が届いているのでしょうか。ものすごいペースで
レースは進みます。カライモボーイも応援団に乱入です。
結果ヒート1は成田選手2位に終わりました・・・
あと少し届きませんでしたが決勝は2ヒート制です。
次のヒート2に期待!!
その前にヒート2に臨む直前のパドックの様子を次回お伝え致します。
ここも戦場でした。

3月15日
待ちに待った全日本モトクロス選手権開幕!
14日の予選は寒いわ雪は降るわで最悪のコンディションだったのですが
15日決勝は一転、好天に恵まれ観客も大いに盛り上がりました。
YSP友泉は今年応援団長を務めることもあって
ツーリングメンバーの皆さんには無理を言って朝6時に集合して頂きました。
1  2  3
道中の高速は寒かったですね~
みなさん手足をすりすり寒さをこらえていました。

そんなこんなで目的地HSR九州オフロードコースへ到着したのは
午前8時40分。急げ~っと我らが成田選手の待つ
YSPレーシングウィズNRTのパドックへダーッシュ!
記念撮影などを終え監督からマシンについての説明を受けます。
YZ450FMは60馬力をはるかに超えるモンスターマシンです。
プライベートになったとはいえ中身はワークスと変わらないとのこと。
4 
むむむ?5
これはなに?
なんだかマフラーのエキパイ部分に見慣れない箱みたいな・・・
「これは騒音規制をクリアして尚且つパワーを犠牲にしない為の仕掛けです」
とのこと。へ~・・・
こんなとこにも6
ちょっと見にくいですが日付が書いて有ります。
ブレーキホースを交換した日付かな?こういうところがしっかりしてますよね~
そんな中メカニックの方たちは慌しく作業を進めています。
もしかしてそろそろ邪魔?と思い皆さんをコースへご案内。
このとき気になる事をチームの方から聞きました。
ヒミツっぽかったのですがその事については次回。
 

オートバイに乗ると脳が活性化します

| トラックバック(0)

「脳トレ」でおなじみの川島教授が先日発表した
研究結果「オートバイに乗ると脳が活性化する」
これはヤマハ発動機と共同して得た研究結果です。
ホントかな?って思いがちですが、私はこのデータ信じます。
少なくとものんびり乗ってるだけでも心の健康には良いみたいです。

ヤマハ発動機の公式発表はこちらです。

こんなニュースもありました。

アメリカンといえばドラッグスターの名前が
必ず出てくるほどの人気車ですが、
いよいよ新車も品薄になってきました。
時期モデルは値上がり必至。
1
YSP3年保証や距離無制限24時間対応ロードサービス(1年間)もついてくる今がチャンス!
しかもYローンなら月々¥9300-(頭金ナシ、ボーナス3万円)と
1万円を切るお支払いで手に入ります!

ちなみに中古も今なら豊富に在庫してます。
ドラッグスターを選ぶならYSP友泉へ!!

カレンダー

Loading...

このアーカイブについて

このページには、2009年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年2月です。

次のアーカイブは2009年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。