2011年4月アーカイブ

残念ながら今年もタイヤの値上がりが決定してしまいました。

今年7・8・9月にもキャンペーンを行いますが、

一足お先にタイヤ

40%OFFキャンペーン
3月1日より開催中。

当店取り扱いメーカーでのキャンペーンになりますので
ご連絡お問い合わせください。

☆在庫が無い場合はご注文となります☆

期間、数量限定2011年4月注文分までです。

 

 YSP優良中古車入荷情報(参考画像です) 100907 001.jpg

2007年式 YZF-R1 フィアット外装車 7923km 車検ナシ

予定参考価格¥1,050,000-

YSP優良中古車

| コメント(0) | トラックバック(0)

新車YZF-R1 1,260,000円

| コメント(0) | トラックバック(0)

yzf-r1_main.jpg

ヤマハ※国内発売は初めてである1000ccスーパースポーツモデルYZF-R1

2011年モデル発表(カラー変更のみ)にともない2009年モデル(ブルーのみ)

在庫処分価格にてYSP友泉にて限定1台販売いたします。

2009年モデル(ブルー)

通常税込み車両本体価格1、417,500円が

限定1台税込み車両本体価格1、260,000

80000円ゲット

| コメント(0) | トラックバック(0)

兎に角今がチャンス!!

011get_premium_img.jpg

お問い合わせはYSP友泉まで

【住所】 〒814-0123 福岡市城南区長尾2-7-12
【営業時間】 AM 10:00~PM 19:00
【定休日】毎週水曜日
【駐車場】 駐車場完備
【電話・FAX】tel.092-521-3330 fax.092-521-3331

YSP友泉へメールでのお問い合わせはこちらから
ゲットライセンスキャンペーン・プレミアム

3333段

| コメント(0) | トラックバック(0)

20110405 016.jpg

道に迷い迷い下道220km6時間!!

20110405 015.jpg

 

3333段挑戦する気になれず・・

 

20110405 013.jpg

 

次回は必ず頂上の写真を載せます。

20110405 017.jpgのサムネール画像

参加者募集・日時未定・平日決行予定です。

新車XTZ125数量カラー限定価格

| コメント(0) | トラックバック(0)

セル・キック併用のエンジン、

小粒でも本格デュアルパーパス、XTZ125E

ヤマハ・ブラジルで製造されるXTZ125Eはオン/オフロードに対応した、
気軽に乗れるデュアルパーパス・コミューター。

content-photo-bigphoto-x-a120110315.jpg

 XTZ シリーズの末弟にふさわしく、ゆとりのあるフルサイズの車体
新たに設計されたシンプルで堅牢な4ストローク単気筒エンジンを持ち、
普通自動二輪小型限定免許によってタウンライドからツーリング、
そしてスポーティーな走りまで幅広い走りを楽しむことができる。

extra_main_3201103153.jpg<

シンプル&スムーズな4ストロークエンジンパワーユニットは、
ブラジルで生産される扱いやすいフラットなトルクと軽やかな吹け上がりを見せる
コンベンショナルな4ストローク、SOHC 2パルプ単気筒エンジン。

セル・キック併用で
バッテリー上がりなどセルモーターが使えない場面での始動性を向上。
日々の扱いやすさを最大限引き出し優れた静粛性と低燃費を実現しながら、
スポーツライドでは5速のワイドレシオミッションとの組み合わせにより、
必要かつ充分なパワーとレスポンスを提供している。
extra_main_520110315.jpg
フルサイズの本格的な車体まわりフレームは剛性バランスに優れた
スチール鋼管製ダイヤモンドタイプ。デュアルパーパスとして,
オフロードの走破性を求めた最低地上高を確保している。

サスペンションは、フロントに充分なストロークを確保した
ブーツ付きテレスコピックフォークに、リアはスチール製角形断面のスイングアームには、
ピボット部にグリースニップルを設け、アクティブ・モノクロスサスペンションを採用。
foot_02201103152.jpg
☆シート高は840mmと高いものの160cmの女性でも両足はとどく☆

またフロントに小型・軽量で充分なストッピングパワーを発揮する
油圧シングルディスクブレーキを、リアには大径ドラムブレーキを配し、
安定した操縦性と走破性を実現している。

ヤマハ・オフロードシリーズの堂々たるスタイリングフューエルタンクと
一体化されたサイドパネルは、ヤマハ・オフロードシリーズの一員として
共通のデザインを採用。
content-photo-bigphoto-x-a220110315.jpg
空気の流れと剛性を考えた形状のフロントフェンダー、体重移動のしやすいシート、
タンクからの流れを受け継ぐサイドカバーと真っ直ぐ伸びやかなテール&リアフェンダー、
シャープなグラフィックなども同じく、

その機能性を誇る意匠となっている。

数量カラー限定XTZ125(ブルー・レット)

税込み車両本体価格354,900円が

 299,000

こんな新車展示中です

| コメント(0) | トラックバック(0)

20110320店 (27).JPGのサムネール画像

☆2009年式 新車YZF-R6  
車両本体税込価格1,176,000円(本体価格1,120,000円)

☆2009年式 新車YZF-R1(リンク先は2011年式カラー)
車両本体税込価格1,417,500(本体価格¥1,350,000)

  20110320店 (35).JPGのサムネール画像

☆2011年式 新車MFAZER8 ABS
車両本体税込価格1,008,000円(本体価格960,000円)

  20110320店 (38).JPGのサムネール画像

☆25th Anniversaryモデル
車両本体税込価格519,750円(本体価格495,000円)20110320店 (42).JPGのサムネール画像

☆2011 新車WR250X
車両本体税込価格732,900円(本体価格698,000円)

20110320店 (19).JPG

☆アクシストリート快適セレクション
車両本体税込価格236,250円(本体価格225.000円)

20110320店 (23).JPGのサムネール画像

☆新車EC-03

車両本体税込価格252,000円(本体価格240,000円)

YSP友泉の場所はこちらからご確認ください

中古車情報

| コメント(0) | トラックバック(0)

20110222 001.jpg

お手頃価格の優良中古車入荷!!

ヤマハ アプリオ 2001年型

カラー シルバー

走行 16046km

Vベルト、プラグ、エアクリーナー交換済み

価格 ¥98,000-(税込)

エンジン快調です。

近距離移動のお供にいかがですか?

諸費用が別途必要となります、お気軽にお問い合わせ下さい。

◆お問い合わせフォームはこちらから◆

 

 

検索ヒットベスト5中古TDM900

| コメント(0) | トラックバック(0)

海外向けモデル TDM900 ブルー

2006年式

走行 14124km

車両本体価格 ¥698,000-(税込)

車検 平成24年10月16日

20110227 009.jpg 

ものすごくキレイです!!

外見からは走行距離がまったく想像できません!!

その上、ETCとグリップヒーターが装備されています。

2点で78435円分の装備です!

20110227 008.jpg
20110227 006.jpg

春の大・特・価!!です。お早めに!!!

国内、逆輸入モデル新車多数展示

| コメント(0) | トラックバック(0)

20110320店 (27).JPGのサムネール画像

☆2009年式 新車YZF-R6  
車両本体税込価格1,176,000円(本体価格1,120,000円)

☆2009年式 新車YZF-R1(リンク先は2011年式カラー)
車両本体税込価格1,417,500(本体価格¥1,350,000)

  20110320店 (35).JPGのサムネール画像

☆2011年式 新車MFAZER8 ABS
車両本体税込価格1,008,000円(本体価格960,000円)

  20110320店 (38).JPGのサムネール画像

☆25th Anniversaryモデル
車両本体税込価格519,750円(本体価格495,000円)20110320店 (42).JPGのサムネール画像

☆2011 新車WR250X
車両本体税込価格732,900円(本体価格698,000円)

20110320店 (19).JPG

☆アクシストリート快適セレクション
車両本体税込価格236,250円(本体価格225.000円)

20110320店 (23).JPGのサムネール画像

☆新車EC-03

車両本体税込価格252,000円(本体価格240,000円)

YSP友泉の場所はこちらからご確認ください

優良中古車 2009 YZF-R6

| コメント(0) | トラックバック(0)

2009年式 車検平成 24年3月 オレンジ

6402km 600cc YSP優良中古車

20110317 001.jpg 20110317 004.jpg20110317 002.jpg 20110317 008.jpg 20110317 003.jpg 20110317 007.jpg 20110317 006.jpg 20110317 009.jpg 20110317 001.jpg

878,000

FZ1 FAZER GT

| コメント(0) | トラックバック(0)

FZ1 FAZER GT登場!!

ライトな車体にパワフル1000ccエンジン

人気のFZ1 FAZERにフルカウリングを纏ったGT

期間限定です!お見逃し無く!!

pic_00LL4.jpg

ヨーロッパ仕様のブルーがカッコいい!!

特別仕様はまずフルカウリング113000円(税別)

pic_001.jpg

そしてスモークスクリーン16000円(税別)

pic_002.jpg

さらにヘルメットロック3800円(税別)

pic_003.jpg

トータルで132800円のところ

普通にノーマルに付けると車体込みで1132800円なのですが・・・

車両価格1,080,000円!!
                                         
 税込1134000円) 

52800円もお得!!

それだけじゃありません!

なによりもカッコいい!!目立ちます!!

但し!!受注生産です!!

受注期間が

2011年5月31日まで

と短期間です!!ご検討はお早めに!

product_001.jpg

今月のツーリング!!

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今月は4月24日(日)です

場所 北九州のどこか!!

時間 7時30分YSP友泉に集合8時出発

予算 ツーリング保険代500円

他  ガソリン代食事代(1000円くらい)おやつ代

   (有料道路は使いません)

 定員 20名様までです

20110220 001.jpg

詳しい内容参加表明はYSP友泉店長引地まで。

 

優良中古車 XJR1300Fi 

| コメント(0) | トラックバック(0)

20110326xjr1300 (1).JPGのサムネール画像

YSP優良中古車 2007 XJR1300Fi 

車検 ナシ    走行距離 3027km

20110326xjr1300.JPGのサムネール画像

  デイ-プ レツド メタリツク  (カラー) 20110326xjr1300 (4).JPG

 ワイズギア純正 グリップヒーター

20110326xjr1300 (2).JPG

    メッシュブレーキホース

 マスターはNISINに変更、ブレーキタッチが違います

20110326xjr1300 (3).JPG

  クラッチマスターもNISINに変更、軽さを実感できます

20110326xjr1300 (5).JPG

         レーシングプロテクター

20110326xjr1300 (6).JPG

   XJRといえばオーリンス製リアサスペンションクリック

20110326xjr1300 (8).JPG

    4-2-1エキゾーストシステム EXUPを搭載

20110326xjr1300 (7).JPG

  1,250cm3・空冷・直列4気筒・DOHC・4バルブ・
   フューエルインジェクション搭載エンジン

価格決定詳しくはこちらをクリック!!

中古車情報

| コメント(0) | トラックバック(0)

20110222 005.jpg 

50CC原付お手ごろ
優良中古車入荷いたしました!

2STリモコンJOG

2005年式

5141km

¥108,000-(税込)

往年の2サイクルエンジン搭載  俊足スクーター!

車体が軽いので女性にも扱いやすい!

リモコン付き!シートロック、キーシャッターオープンが

手元で楽々行えます!

諸費用別途必要です、お気軽にお問い合わせ下さい。

◆お問い合わせフォームはここからどうぞ◆

20110405_001201104071.jpg

↑2011年モデルに新たに加わったダークレデッシュグレイメタリック2(ダークブラウン)

モルフェは、レトロポップなスタイリングと軽快な走りで人気の「ビーノ XC50」シリーズを
ベースに、シャッター付きフロントバスケットや大型コンビニフック&フロントポケット、
低位置ヘッドライトなどを装備して、お買い物などでの利便性を高めた50ccスクーター。

"ビーノ"から受け継いだカワイらしいスタイリングやカラーリングも好評です。

お買い物はもちろん、通勤や通学にも便利な『VINO Molfe/ビーノ・モルフェ』。

新しい環境で新生活をスタートさせる人にもピッタリの50ccスクーターです。

bnr_mmcam2011_l20110401.png cmn_product_001201103292.jpg

※キャンペーン期間中に対象のヤマハモーターサイクル取扱店(キャンペーン協賛店)
YSP友泉で新車をご購入・ご登録いただき、保証書No.が付与された車両が対象となります。

※クーポンはご成約時にお好きな用品や車両のご購入費用に使用できます。
※クーポンはご成約されたキャンペーン協賛店でのみ有効です。
★対象:MAJESTY(2007年モデル以降の新車)/MAXAM(2005年モデル以降の新車)

*さらにYSP友泉でご購入いただくと!!
その1・アラームイモビライザーを取り付け工賃も含め19,320円分を無料でプレゼント。
その2・MAXAM税込み車両本体価格の10%の68250円分
    用品パーツもプレゼント。
     

 

bnr_mmcam2011_l20110401.pngcmn_product_00120110329.jpg

※キャンペーン期間中に対象のヤマハモーターサイクル取扱店(キャンペーン協賛店)
YSP友泉で新車をご購入・ご登録いただき、保証書No.が付与された車両が対象となります。

 ※クーポンはご成約時にお好きな用品や車両のご購入費用に使用できます。

 ※クーポンはご成約されたキャンペーン協賛店でのみ有効です。

 ★対象:MAJESTY(2007年モデル以降の新車)/MAXAM(2005年モデル以降の新車)

 *さらにYSP友泉でご購入いただくと!!

その1・アラームイモビライザーを取り付け工賃も含め21,525円分を無料でプレゼント。

その2・MAXAM税込み車両本体価格の10%の70,245円分の    
    用品パーツもプレゼント。     

               新しい走りを視覚化する

pic_0012011031811.jpg

ヤマハモーターサイクルデザイン

そのモーターサイクルが備えた機能と性能をいかに美しく視覚化するか。それが、すべてのヤマハ車に流れる造形デザインの心得である。このYZF-R1は、R1の伝統を継承しながらスーパースポーツとしての価値をその造形に込めている。薄い衣を重ねあわせたような2枚のカウルの隙間から覗くエンジン。強度リブを内側ではなく外側にもってくるいわばインサイドアウトの造形としたエンジンのカバー類など。それらはエンジンの存在感を静かに主張するものである。そして、小さなフェイスに収まった2つの眼、ミッドカウルからテールカウルへ流れる躍動的なライン、リアタイヤを強調する短いマフラー。凝縮感を与えることで、停止していても感じるパフォーマンスを表現している。 pic_0032011031813.jpg  

pic_0022011031812.jpg pic_0042011031814.jpg  pic_0052011031815.jpgpic_0072011031817.jpg  pic_0062011031816.jpg

※メーターパネルは撮影用に点灯したもので、実際の走行状態を示すものではありません。

 エンジンが決めたカウルデザイン

このエンジンは、カウルデザインつまりウインドプロテクションの考え方に新たな示唆を与えた。高速域においてノイズが少なくなり快適に走行できるために、これまでの基準では風切り音や身体にあたる走行風が気になってくる。1/1クレイモデルによって風洞実験を繰り返した結果が、この特徴的なカウル形状となっている。カウル先端からV字型に伸びるフロントカウルとスクリーンの繋ぎ目の溝は、風をきれいに流すための機能となっている。

 R1としての主張

初めてこのYZF-R1を正面から見たとき、その眼つきに圧倒される感情を覚えたことだろう。2灯式プロジェクターヘッドライトを採用したフロントフェイスの造形は、秘めたる獰猛性の表現のひとつでもある。機能的にはヘッドライト一体式のエアインダクション吸入口となっており、カウル先端にあたる空気を効率良く取り込むための造形である。プロジェクターヘッドライトは、ソレノイドで駆動されるシャッターによって、Hi-Loの切り替えを行う方式となっている。そして、このYZF-R1の個性を物語るものがボディカラーリングにある。ヤマハレーシングイメージを象徴する欧州モデル共通のディープパープリッシュブルーメタリックCに加え、レッドのフレームにホワイトのカウリングをまとったブルーイッシュホワイトカクテル1をラインナップ。今までのスーパースポーツにはなかった、その洗練された佇まいを見れば、もはや、レーシングスーツだけがYZF-R1のフォーマルウエアではないことに気がつくだろう。 pic_0082011031818.jpg

  美しく走るために、車体がなすべきこと pic_001201103181.jpg

エンジンと車体のパートナーシップ

 MotoGPの技術は、エンジンのみならず車体にもフィードバックされた。開発に際しては、MotoGPから車体設計エンジニアをスタッフとして迎える体制をとった。その目的は、クロスプレーン型クランクシャフトエンジンの特性に合った車体を手に入れることにあった。このエンジンに対する車体設計のポイントは、駆動力の受け方にある。スロットル操作がしやすくなるために、これまで以上に駆動力が車体にかかることになる。そのときのマシンの挙動が重要で、それには縦剛性とねじり剛性を高めた中で相対的に横剛性を落とすというMotoGPマシンの考え方がもっとも効果的であった。

 大きなエネルギーをいなすアミデルタボックスフレーム

YZR-M1の技術が活かされた車体ではあるが、基本となっているものは、これまで培ってきたYZF-R1のノウハウである。そのポイントは、縦剛性、ねじり剛性、横剛性のバランスにある。単に高剛性化をはかるだけでなく、剛と柔を高次元でバランスさせるというものである。YZF-R1において、剛として固めるべき部分は、ステアリングヘッドまわりとピボットまわり。その両者をアルミ鋳造の堅牢なパーツとして、その間をアルミ鋳造のタンクレールで結んでいる。ここが柔にあたる。さらに、エンジンマウントをYZR-M1と同様に、ステアリングヘッド部から2本の「腕」を伸ばしエンジンの前部を懸架する方式とした。ステアリングヘッドから前側懸架の間で縦剛性とねじりを確保、三角形の間の薄い断面のタンクレールにて横剛性を落としている。それが、エンジンの特性とあいまって、特にコーナー脱出時の旋回性に寄与している。 pic_002201103182.jpg

高運動性能と快適な乗車感の両立

YZF-R1はライダー乗車時の静的な状態で、ほぼ50:50の前後分布荷重を実現。まず、エンジンを直立方向へ9°立て、12mmほど前方にマウントすることで、前輪分布荷重を増やし、さらにライダーの着座位置を8mm前に設定。ライダーの体重を前輪荷重に効果的に生かすことで、高い運動性を実現している。また、天地方向に長い独自形状のフューエルタンクの採用によりマスの集中化を高めるとともに、燃料の残量に対して車体重心位置が影響を受けにくい構造としている。ライディングポジションに関しては、着座位置の変更に加えて、ハンドルポジションを5mm後退。スポーツ走行時のマシンコトロール性のみならず市街地やクルージングの快適性向上に大きく貢献している。

 ※数値比較はすべて2008年型YZF-R1(欧州仕様)

エンジン特性に合わせたサスペンションセッティング

リアサスペンションは、圧側減衰「2WAY調整機能付」ショックアブソーバーを用いたボトムリンク式。リンク比の最適化により、エンジンの駆動力を車体安定成分として利用する設計とした。クロスプレーン型クランクシャフトエンジンの場合、立ち上がりでスロットルが早くから開けられるため、瞬時に駆動力が立ち上がり、リアタイヤへの有効な荷重移動が可能となる。また、リアサスペンションには、油圧プリロードアジャスターも装備されている。フロントには、左右独立の減衰機構採用フロントフォークを採用。43mmインナーチューブを用いた倒立式で、圧側減衰を左側、伸側減衰を右側のフォークで発生させている。これにより、より多くのオイルがピストンバルブを通過できるようになり、連続動作時のキャビテーションを最小限に抑え、路面追従性を向上させている。

 ※数値比はすべて2008年型YZF-R1(欧州仕様)

pic_003201103183.jpg  pic_004201103184.jpg

新たな次元へ踏み込んだブレーキシステムとタイヤ

フロントには外径310mmのディスクプレートとモノブロック6ピストン4パッド対向キャリパーをラジアルマウント。また、ディスクは小径化することで、軸回りの慣性モーメントを低減し、フロント回りのジャイロ効果を抑えている。加えてマスターシリンダーのレバー比にも注力し、このエンジンの特性にフィットするブレーキフィーリングを実現している。リアは外径220mmディスクと1ピストンピンスライドキャリパーを装着した。また、このエンジンは、コーナー出口で早くからスロットルを開けられるため深いバンク角から加速することを想定し、リアタイヤは55%扁平の190/55ZR17M/C(75W)が採用されている。

       メカニズムと電子制御技術の饗宴

pic_00120110318.jpg

ヤマハのエンジン技術の粋を凝縮

エンジンは、これまでに培ってきたYZF-R1の技術をベースにした997cm³・水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ。軽量、コンパクト化、高信頼性の確保に重点を置き設計された。シリンダーボディには、ライナーレスにすることで放熱性と剛性バランスを確保できるセラミックコンポジットメッキシリンダーを採用。また、冷却水の通路がシリンダー側からヘッド側に貫通しないクローズドデッキ構造としている。加えてショートシリンダーという技術を採用。これはシリンダーブロックをクランクケース側に潜り込ませるもので、シリンダー自体の長さは変えずにシリンダーブロックを短くしている。こうすることでスタッドボルトの長さを短縮化。締結強度を上げ剛性を高めるとともに軽量化にも貢献している。さらに、鍛造ピストン、破断分割式(FS)浸炭コンロッドといったエンジンパーツを採用。こうした技術を集積することで、これまでのヤマハのリッタースーパースポーツエンジンとしての最大ボア78.0mmを実現し、12.7:1の高圧縮比を可能にした。一方、急なシフトダウンにおいても良好なグリップを維持してマシンの挙動を安定させるために、スリッパークラッチを採用した。

 車体との融合を目指したエンジンのコンパクト設計

クロスプレーン型クランクシャフトエンジンは、ノイズとなる慣性トルクを打ち消す一方で、不快な振動のもとである慣性偶力は残る。そこで、エンジンの前方に偶力バランサーを設けて振動を打ち消している。しかし、可能な限りの小型軽量化が要求されるエンジンにとって、バランサーが加わるということは、軸が一本増えるということになる。そこで、これまでの軸を介して回転させていた背面ジェネレータをACマグネトーに変更して、クランク同軸上に設置することで軸の数を相殺。同時にクラッチの取り出し部の設計を見直すなどして、エンジンのコンパクト化を実現している。これによって、車体の重量物としてのエンジンを、より前輪寄りに搭載することを可能にしている。

クロスプレーン型クランクシャフトエンジンのサウンド

エキゾーストは、効果的な排気脈動を得るために、1・4番、2・3番を集合させた4-2-1-2タイプとし、2本出しのショートタイプアップサイレンサーを採用した。そこから発せられるエキゾーストサウンドは、このエンジンの存在を聴覚に訴求する。クロスプレーン型クランクシャフトエンジンの不等間隔爆発の排気音を周波数分析すると、周波数のバランスに偏りがあり、低周波と高周波が混在した独自の音を奏でる。それは走行中のライダーには、YZR-M1と同質の力強い独自のサウンドとなって感じられる。 pic_00220110318.jpg

クロスプレーン型クランクの特性を引き出す電子制御技術

YZF-R1には、電子制御技術思想G.E.N.I.C.H.※による電子デバイスを搭載。吸気系ではYCC-T(ヤマハ電子制御スロットル)、YCC-I(ヤマハ電子制御インテーク)、FIにはメインインジェクターに加え中高速域から噴射が行われるセカンダリーインジェクターなどを装備し、気筒別、ギア別に燃料、空気量制御を行っている。また、排気系では排気デバイスEXUPが採用されている。YCC-Tは、ライダーのスロットルグリップ操作をセンサーで検出し、それに加えてエンジン回転や水温など各種センサーの信号をECUにて演算し、最適な空気量となるように、サーボモーターでスロットルバルブを駆動。このサイクルをわずか1,000分の数秒という高速で制御するシステムである。これにより、特に低中回転域など、エンジンが要求する最適な吸入空気量となるようにスロットルバルブを制御し、オーバーベンチュリーと呼ばれる吸入速度の低下による空気量の低下・性能低下を防いだり、逆に低いギアやトルクの山谷が残る領域では、要求よりもさらに閉じることにより、理想的なトルク特性の実現を可能としている。YCC-Iは電子制御によりファンネル長を2段階に切り替えるシステムで、9,400r/min以下はロングファンネル、それ以上の回転域になるとファンネルの上部が切り離されショートファンネルとなる。通常だと出力特性は、中低回転域と高回転域いずれかを重視してセッティングしなければならないが、このシステムはその二律背反を打開している。

※G.E.N.I.C.H.(ジェニック):アナログでは達成出来ない領域を電子制御によって補完し、人間の感性になじむ性能をより高次元にもとめるというもの。 pic_00320110318.jpg

状況に応じてエンジン特性を切り替えられるD-MODE

 D-MODEはYCC-Tの開度マップを切り替えるシステム。パワーそのものを変えるのではなく、エンジン出力特性を3通りに変更することを可能にした。YZF-R1のポテンシャルをベストな状態で引き出せるSTDモードに対して、Aモードはよりスポーティなエンジンレスポンスを低中速領域で楽しめるモード。BモードはSTDモードに対して、穏やかで扱いやすい出力特性を発揮。市街地、ツーリングなどの際に、コース、路面、ライダーの体調など様々な走行コンディションの変化により柔軟に対応することで、マシンとの対話の幅を広げることができる。 pic_00420110318.jpg

 美しく走るために、エンジンがなすべきこと

20110318pic_005 (1).jpg

ヤマハは、YZF-R1の開発において、馬力やパワーウエイトレシオといったスペックをいくら磨いても、新たな地平は拓けないと考えた。そして、今や、電子制御技術はなくてはならない存在となったが、それのみに依存するのではなく、やはりエンジンというメカニズムそのものの革新によって、モーターサイクルの進化を達成すべきであると考えた。これまでにないコーナリング体験、未踏のエキサイトメントをいかにライダーに提供するか。その回答が、クロスプレーン型クランクシャフトエンジンである。

全ては新次元のハンドリング性能のために


ハンドリング性能の向上をもって、まだ誰も出会ったことのないエキサイトメントを提供する。その発想の原点には車体とエンジンをひとつのユニットとしてとらえるヤマハ独自の設計思想「GENESIS」(ジェネシス)がある。ヤマハがスーパースポーツやMotoGPのYZR-M1※において直列4気筒を採用している理由は、エンジンそのものの前後長が短いため、最適な前輪分布荷重を確保しやすく、ショートホイールベース設計が可能になる点にある。そこに、クロスプレーン型クランクシャフトを採用することで、これまでの考え方では生まれ得なかった新次元のハンドリング性能を実現することができるという確信に至ったのである。

※2002年、GP500からMotoGPへ移行し4ストローク化990ccの時代へ。その後2007年からは800ccへレギュレーション変更。2008年・2009年はバレンティーノ・ロッシ選手が、2010年はホルヘ・ロレンソ選手がワールドチャンピオンを獲得。 20110318pic_005 (2).jpgMotoGPの技術を投入したクロスプレーン型クランクシャフト

クロスプレーン型クランクシャフトとは、隣り合う1番と2番、3番と4番のクランクピン位置をそれぞれ90°位相させたクランクシャフトである。これを、図1のように1-3-2-4の点火順序で燃焼させると爆発間隔が270°、180°、90°、180°の不等間隔爆発となる。不等間隔爆発というと路面を蹴るようなトラクション性能を想像しがちであるが決してそうではない。あくまでもクランクシャフトにまとわりつく慣性トルクのノイズを取り払い、スロットル操作とリアタイヤのトラクションが1対1でつながったかのようなダイレクト感を実現している。 20110318pic_005 (3).jpg

クロスプレーン型クランクシャフトのメリット

180°型クランクシャフトの等間隔爆発エンジンは、不快な振動のもとになる慣性力がバランスし高出力が得られる高性能エンジンの典型である。これまで、その利点に比較すればクランクシャフトにはたらく慣性トルクは特に問題視されることはなかった。ところが、高性能化したエンジンのシビアなコントロール性を追求すると、その慣性トルクの変動は、リニアなトラクションを得ようとするライダーにとって時にノイズとして感じられる場合がある。なぜ、慣性トルクの変動が起こるかというと、ピストンの位置によってクランクシャフトには回転変動が起こる。クランクの回転速度は、増速から減速に移る上死点と下死点で最も速く、一方減速から増速に移る90°と270°では遅くなるからだ。この回転変動はクランク1回転で2回発生していることになる。さて、マシンの駆動力となっているトルクは、燃焼トルクと慣性トルクからなる合成トルクである。図2でわかるように180°型クランクシャフトエンジンでは、慣性トルクが燃焼トルクを相殺している状態にある。つまり、慣性トルクはマシンを前に進めるための力としては役に立っておらず、ノイズとなってクランクにまとわりついていることになる。クロスプレーン型クランクシャフトは、図2で見ると0点から下に発生しているノイズを取り除いて、純粋な燃焼トルクをそのまま駆動力として取り出すことができるのである。 20110318pic_005 (4).gif

スロットルワークに対する反応を極める

クロスプレーン型クランクシャフトは、どの回転域、速度域においても、スロットル操作に対するパワーの立ち上がりがつかみやすいエンジン特性を発揮する。コーナリング時、ブレーキングからシフトダウン、倒し込み、旋回、コーナー立ち上がり、その一連のコーナリング動作においてその差は顕著に現れる。立ち上がりのスロットル操作においては、これまでがエンジンの反応とリアタイヤの接地感を確かめながらの微妙なスロットルワークだったとすれば、エンジンの反応がつかみやすいため、スロットルとリアタイヤが1対1でつながっているような安心感があり、より早くスロットルが開けられるようになる。こうした特性が、コーナリングのセオリーを変えてしまうほどの性能をYZF-R1に与えている。この扱いやすさは、ワインディングやサーキット走行でのパフォーマンスを高めるばかりでなく、市街地やツーリングなどさまざまな走行シーンにおいてもメリットをもたらしている。それは、エンジンが発するノイズが消えたことにより、エンジンサウンドからブレーキのフィーリング、ウインドプロテクションに至るまで、それまで気がつかなかった領域にまで進化が及んでいるからである。 20110318pic_005.jpg

20110222 005.jpg 

50CC原付お手ごろ
優良中古車入荷いたしました!

2STリモコンJOG

2005年式

5141km

¥108,000-(税込)

往年の2サイクルエンジン搭載  俊足スクーター!

車体が軽いので女性にも扱いやすい!

リモコン付き!シートロック、キーシャッターオープンが

手元で楽々行えます!

諸費用別途必要です、お気軽にお問い合わせ下さい。

◆お問い合わせフォームはここからどうぞ◆

YSP プレミアムサポートプラン

| コメント(0) | トラックバック(0)

兎に角今がチャンス!!

011get_premium_img.jpg

お問い合わせはYSP友泉まで

【住所】 〒814-0123 福岡市城南区長尾2-7-12
【営業時間】 AM 10:00~PM 19:00
【定休日】毎週水曜日
【駐車場】 駐車場完備
【電話・FAX】tel.092-521-3330 fax.092-521-3331

YSP友泉へメールでのお問い合わせはこちらから
ゲットライセンスキャンペーン・プレミアム

4/5/6月YSP友泉のキャンペーン

| コメント(0) | トラックバック(0)

ワイズギア用品・パーツ20%OFF

詳しくはYSP友泉まで。

 

製品最新情報はワイズギアHP

優良中古車 DSC400入荷

| コメント(0) | トラックバック(0)

20110329 009.jpg

 2008年式 DSC400 ブラウン ワンオーナー

20110329 010.jpg

   うーん メッキが輝いております!!20110329 013.jpg

当店ですべてメンテナンスも行って大切に乗られたDSC400

20110329 014.jpg

             人気のブラウン

20110329 012.jpg

 走行距離18021kmでもこの綺麗さ

20110329 011.jpg

価格は驚きの525,000円

本当ですようそじゃありませんよ。

走行距離が長いし、車検が切れているので大サービスです

DSC400お探しのあなた!!!!お急ぎください。

カレンダー

Loading...

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2011年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年3月です。

次のアーカイブは2011年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。