2016年3月アーカイブ

YZF-R25のカスタムがどんどん進みます。

| トラックバック(0)

こんばんは。

ピット高松です。

楽しいバイクライフの季節の到来を心待ちにしていた

ライダーの皆さま、心機一転カスタムはいかがですか??

YZF-R25のK様は小さい部分から、大きな部分まで、

少しずつ、そして大胆にカスタムが進んでいます。

IMG_0330.jpg

モビスター限定車のYZF-R25ですので、すでにカスタム感満載なのですが。

今回はブレーキホースをPLOTのスウェッジラインへカスタムしました。

通常の純正ホースはゴムなのですが、コレはメッシュの金属のホースになります。

ゴムの膨張に比べ、金属は膨張がなく、レバーからのブレーキの入力が

変化します。簡単に言いますと、よりダイレクトになります。

カラーも豊富にありますので、自身のバイクに合わせたカラーをチョイス

できるのも良いところですね。

IMG_0333.jpg

フロント側。

IMG_0331.jpg

リヤ側。

カスタムのご相談はいうでも承ります。

ちなみに。。。

IMG_0334.jpg

ちらっと見え隠れするグリーンのパーツも交換しました。

クラッチのケーブルを支えるホルダです。

こういう小さなところもカスタムしていくとオシャレな部分が

オーナー様のセンスをうかがわせます。

インターネットが普及した現代、検索するといろいろなパーツが

でてきますよね。これは取り付けられる???などの疑問もぜひ

私どもにぶつけてください。

ご来店お待ちしております。

いつもブログをお読みいただき、ありがとうございます。

 

どうもこんばんわ。

ピット高松です。

私が日頃よりXJR愛を語っているのを聞きつけて???

ブログ観ました。。。XJRの修理依頼をいただくことが多いです。

そんな私のXJR。。。ついにナンバーを返納してきました。

いえ、辞めていませんよ。復活へのカウントダウンは止めていません。

まだかかるので、いったん返納しておこうということで、標板返納してきました。

どうせ、エンジンできたら、サーキットに持ち込もうと考えてますし。

おっと。。。話がそれました。

他のバイクショップで購入されたXJR12。私のブログを見て。。。

修理してほしいということです。

IMG_0308.jpg

さて。。。何かな何かな???

IMG_0316.jpg

ほうほう。オイルレベルの警告が点灯しっぱなしということですね。

これでは、気持ちよくツーリング行けませんね。

さて、オイルは規定値に入ってはいますが。。。

IMG_0317.jpg

エンジンオイルは濁っていました。私はカフェオレと呼んでいます。

聞いてみると、年間2000kmいかない、通勤によく使う、暖機運転ナシ、

走る距離は5kmほど。。。なるほど。とりあえず今後は十分に暖機運転

は必要ですね。短距離ならなおさらですが、エンジンが暖まる前にエンジン

停止してしまう。この繰り返しはいけませんね。

この件は今度お話しします。

オイルレベルゲージはクランクケースの真下にあります。

IMG_0315.jpg

外してしらべます。

IMG_0318.jpg

これだ。1200は結構あるトラブルですね。

IMG_0319.jpg

本体をテスターにて調べた後、新品へ入れ替えることに。

週末は仲間とツーリングだそうです。すごく喜んでいらっしゃいました。

ぜひ、またおまちしております。

 

 

ふと気が付く。。。バイクが重い。。。

| トラックバック(0)

みなさん、こんにちは。

工場サイドの高松です。

日頃何気なく押している自分のバイクが妙に重い。。。

そんな時ありませんか???

毎日乗っているとか、頻繁に乗っているような状況であれば

すぐ気づくものです。

そして、タイヤの空気圧点検をしてみる。

減っています。。。

そしてもしかして。。。

そうです、踏んでいるんですよね。

IMG_0204.jpg

今までパンクしたことがないという方もいることでしょう。

覚えておいてください。空気圧点検をマメにするということを。

IMG_0205.jpg

もちろん、空気圧点検が釘やネジが刺さることを防ぐということではなく

絶対。。。ということはありませんが。

空気圧が抜けている事態に気づくことができます。

工場に運び込まれるパンクの車両のほとんどは本人は気づいていません。

刺さっていることは当然ですが、空気が抜けていることにもです。

日頃、空気圧を点検していれば、バイクの挙動が変わるときや、

押し引きが重く感じるとき、意外と感じれるものなんです。

まず、やってみましょう!!!

空気圧点検はYSP友泉で実施中です!!!

お立ち寄りくださいませ。

では。

福岡のカスタム好きの皆さま、こんにちは!!!

YSP友泉のピットサイド高松です。

今日はヤマハの売れ機種R25のカスタムです。

しかも、ハンドル周りのカスタムはセパレートハンドルは

なかなか手に付けない箇所です。

そこに手を入れるのがYSP友泉のお客様です。

IMG_0167.jpg

施工前のハンドル周りです。トップクラウンがOVER製品に変わって

いるのと、レバーが変わっています。

IMG_0168.jpg

今回施術するのはハンドルバーとフロントブレーキマスタです。

ハンドルはPOSHのマシンドセパレートハンドル、マスタは定番の

NISSIN製タンク別式です。

IMG_0171.jpg

通常セパレートハンドルはクラウンの下に噛ませてありますが、

最近の楽スタイルのセパレートはクラウン上にありまして、

ハンドルポジションを極端にしないことで、オーナー様の層を

広く獲得できているのですが、そこを自分好みにカスタムしていくこと

で本当の意味のカスタムができるというパーツですね。

IMG_0174.jpg

はい、途中の作業は省略しますが、ブレーキマスタのタンクがレバーの

部分と別になっていますね??マスタのピストンは純正の横方式の

スラストですが、タッチの感覚は上昇します。ブレーキホースはメッシュ

にすでに交換していましたので、コントロール性とダイレクト感が

UPした感覚になります。あとはリッタークラスのような雰囲気に

満足感が加わりますね。

IMG_0175.jpg

ハンドルのポジションはハンドルたれ角度は微妙な変更で、前後の

方向のポジションは結構な調整幅があります。腕の長さやスタイルに

合わせてチョイスすると良いでしょう。

IMG_0176.jpg

オーナーの要望でフロントフォークの突き出しは変更しました。

突き出しを変えることでフロントの接地感が変わります。

IMG_0177.jpg

見た目もゴージャスになり、カスタム感もUPでいいですね。

さあ、あなたの愛車もカスタムしませんか??

その時は、ぜひYSP友泉へご相談ください。

IMG_0172.jpg

 

最近よく耳にするクロームモリブデンアクスルシャフト。

クロモリシャフト。

フロント、リヤそれぞれのホイールの中心を通っている軸のことを

アクスルシャフトと呼びますが。これをクロモリ製品に交換することで

何が良くなるのでしょう???

IMG_9745.jpg

簡単に申し上げますと、転がりやすくなるのです。

摩擦係数という値が下がるというわけですね。

表面処理や材質などのを含む技術の精度で高価なパーツとなっています。

フロントを交換するとフロントフォークの運動性能が上がります。

コーナーでの進入が安定して進行方向への切り返しがしやすくなるなど

様々な効能が表記されています。

IMG_9747.jpg

押し引きの動き出しは確かに軽くなります。走行中の一般公道では

感じることは。。。ですが。サーキットに持ち込みたいトコロですね。

IMG_9748.jpg

さらには交換しても、見た目は全くわからない。。。

自分だけがわかる玄人好みのカスタムでもありますね。

安定性やコントロール性能、燃費などを気にされたら、

選択肢の一つに加えてみてください!!!

友泉ピットサイドの高松でした。

JOGスペシャルって知っていますか???

| トラックバック(0)
この度、新しいカラーのJOGが発売されました。

その名はJOGスペシャル。

何がスペシャルなのか。

それはカラーリングです。

IMG_0162.jpg

いかがですか???

懐かしい!!!と感じましたか???

IMG_0163.jpg

それとも。。。新鮮と感じましたか???

IMG_0165.jpg

ああ。。。このJOGの文字の感じ。。。

IMG_0164.jpg

ということで、懐かしいと感じた方も、新鮮に感じた方も、

スペシャルなJOGです!!!

価格は通常と同じです。

現物を見に来て下さいね。

友泉ピットサイドの高松より。

カレンダー

Loading...

このアーカイブについて

このページには、2016年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年2月です。

次のアーカイブは2016年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。