2015年7月アーカイブ

予想を上回る注文を頂いているYZF-R3ですが。。。

残念ながら2015モデルの受注を終了とのことです。

yzf-r3_yzf-r25_003wide.jpg

いまからご購入をお考えのお客様。。。

yzf-r3_yzf-r25_002wide.jpg

大変申し訳ありません。。。

しかし!!!

R25 か R3 か迷っていたお客様!!!

もう R25 しかありません!!!

R25でいきましょう!!!

yzf-r3_yzf-r25_001wide.jpg


ここまでハッキリしたビフォーアフターはないかもしれません。

逆に言えば、ここまで放置してはいけません。

フィルターはゴミを取り除き、空気を取り入れます。

しかし、フィルターは詰まり、空気すら入ってこない状況を作り出してしまいます。

やはり点検ですね!!!

IMG_7478.jpg

気付かない部分は点検するしかないですよね!!!

はい、お電話お待ちしております!!!(笑顔)

友泉ピットより。

そんなこと経験ある方もいると思います。。。

でも、どんな状況でも一概には言えないのです。

下の画像はガソリンと空気を混ぜ合わせる為にゴミを取り除く

エアフィルターです。パカっと開けますと。。。

フィルターが無いです。。。

そう。。。中に吸い込まれていました。


CIMG4163.jpg

エアフィルターも消耗品です。定期交換しましょうね!!!

そもそも。。。。ココはどこ???という方へ。。。

大丈夫です!!!私たちに定期点検で入庫していただければ点検しますので。

この画像はグランドアクシス100という1998年頃の2サイクルスクーターです。

ちなみに。。。

CIMG4161.jpg

今の4サイクルのエアフィルターはこんな形をしています。

左が汚れているのが分かりますよね??フィルターは綺麗な空気を中に

送り込む部分のフィルターなので、かなり大事です。ここで、パワーも変われば、

燃費、音、も変わってきます。

話を戻しますね。。。グランドアクシス100の整備の続きです。

CIMG4167.jpg

エアフィルターの先にはキャブレターというガソリン気化器がいます。

ここで、空気とガソリンを混ぜ合わせ、霧状にしてエンジン内部へ送り込みます。

ここを覗いてみます。

CIMG4176.jpg

いましたね、アイツが。。。そう無くなったエアフィルターです。

完全に詰まって、容積を妨害しています。綺麗な空気も入ってこなければ、

必要な量の空気も入ってきません。さらに小さいカス達が様々な通路を汚して、

塞いでしまっています。これを全て分解、清掃することをオーバーホールと一般的に

言いますね。

CIMG4178.jpg

反対側から。こちらはエンジン側からの絵です。アイツがいますね。

ここを清掃、分解してあげ、新しいフィルターを装着しました。

エンジンは気持ちよく吹けあがりました。まるでお礼を言っているかのように。。


私たちは日頃から沢山のお客様のバイクを修理させてもらってきましたので

経験からくるノウハウや予知などの能力が皆様よりも豊富にあります。

毎日、お客様のバイクを整備させていただき、その能力でお客様のバイクライフ

をサポートしていきますので、これからも宜しくお願いします!!!

友泉ピットより。


自分仕様にする。

| トラックバック(0)
みなさん、ご無沙汰してます。

梅雨といえば台風ですね。。最近。そんな記憶ばかりですが。

風で倒れないようにバイクの周りやスタンド、カバーなど今一度確認してください。

カバーは場合によっては外すことをオススメします。

スタンドはセンター付の車両はそれで、サイドのみの車両はスタンドが格納しない

様に紐などで縛って下さい。バイクも風の当たりにくい場所への移動など

工夫してくださいね。

本題ですが、カスタムはどこからしますか???

たくさんあり過ぎて、迷います。

迷うのも楽しみの一つなのですが。。。

提案させてもらいますと、リヤフェンダーレス化!!!です。

これを外してしまうとリヤビューがスッキリして軽快さが増す印象を

与えてくれます!!!

IMG_7384.jpg

M様のMT-09にも施しました。

わかりますか???

IMG_7385.jpg

比較用に下の方がノーマル状態です。

s-IMG_4153.jpg

タンデムバーも追加しておりますので違いがわかりやすいでしょう??

この商品はDAYTONA製品です。本体が¥18,360です。
取り付け技術料は¥4,320です。合計で¥22,680です!!!

注文いただいてメーカー在庫が有れば4日程で入荷します。

ご相談はいつでもお待ちしてます!!!

YSP友泉ピットより。


MT-01のクラッチをメンテナンス!!!

| トラックバック(0)
みなさん、こんにちは!!!

梅雨メンテしてますか???

え???してない???

梅雨はメンテナンスに最適な時期です!!!

晴れた日に備えて、ぜひメンテナンスしましょう!!!

今日はお得意様のMT-01をメンテナンス依頼いただきました。

そもそも。。。MT-01というバイクを知らない方も多いのでは???

今でこそ、MT-09、MT-07という新型フラッグシップを世に送り出してきた

ヤマハなのでMTというキーワードが世間を騒がせていますが、もともとは

コイツの為のワードでした。

MT=マスターオブトルク という意味です。

トルクの塊といえる1670CCのオーバーヘッドバルブのエンジン。

とにかく鼓動感が凄まじいのです!!!

extra_main_3.jpg

5500回転からレッドゾーンが始まるというところに驚きませんか??

最大トルクは15.3kgf・mという値を3750回転で発生します!!!

ちなみに新型2015YZF-R1は11.5kgf・mという値を11500回転で発生させます。

いかがです???この違い。数字だとわかりにくいのであまり表記したく

ないのですが、皆さんに知ってほしくて書きました。そうですトルクの塊なのです。

IMG_7014.JPG

それを受け止めるクラッチは適度にメンテナンスが必要です!!!

このオーナー様の走行距離は40000km超えてます。

頼もしい距離数です!!!

IMG_7015.JPG

強力な負荷をかけた際(急激な加速)ズルズルすべる症状でした。

プレートとスプリングを交換し、新品オイルで気持ちよくリフレッシュ!!!

さぁ、10万km目指し頑張ってくれたまえ!!!

クラッチプレートやガスケット、スプリングなどを交換でかかる金額は???

部品代が約¥30,000 技術料が約¥14,000 オイル代は含まず。

extra_main_4.jpg

ちなみに全貌をプレストコーポレーションサイトからの画像です。

extra_main_2.jpg

ドタドンドタドン、ドタドタドタ。。。という鼓動がもはやドラムマシンです。

content-photo-bigphoto-x-a4.jpg

私もバイク人生の中で一度は所持したいバイクです。

MT-01も友泉にお任せ下さいね!!!

友泉ピットスタッフより。




カレンダー

Loading...

このアーカイブについて

このページには、2015年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年6月です。

次のアーカイブは2015年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。