2013年5月アーカイブ

さてさていよいよ2日目です。

雨やっぱり降ってしまいました・・・。

強い雨じゃありませんがレインスーツ必須。むぅ・・・。

IMGP4102.jpg

こんな感じでバイクの下は乾いているのでぱらぱら降ってる感じなのですが・・・。

雨雲から想像するに油断はできません。

予定では9時出発で仁摩サンドミュージアムに向かうはずだったのですが

宍道湖が目の前なので出発を30分早くして宍道湖を一周しようということに。

IMGP4101.jpg

着々と雨対策して出発準備を進めます。

IMGP4100.jpg

IMGP4103.jpg

IMGP4105.jpg

IMGP4106.jpg

IMGP4107.jpg

IMGP4108.jpg

IMGP4109.jpg

IMGP4110.jpg

IMGP4111.jpg

IMGP4112.jpg

IMGP4113.jpg

IMGP4114.jpg

IMGP4115.jpg

IMGP4116.jpg

IMGP4117.jpg

IMGP4118.jpg

IMGP41119.jpg

皆さんまだまだ気力十分で余裕ありますね。

出発してすぐに給油して宍道湖一周に入ります。

行程はおよそ50kmのプラス。雨ということもあってこの時点で1時間遅れを想定していました。

相変わらず国道とはいえ信号も少なく淡々と走れます。

すぐに右手に宍道湖が現れちらちら眺めながら走ります。

途中数少ない信号に分断されながらも松江市内から折り返し。

折角なので途中で宍道湖をバックに記念撮影。

IMGP4124.jpg

宍道湖ほとんど見えてませんね(汗

IMGP4125.jpg

私も記念撮影に混ぜてもらいました。

IMGP4120.jpg

晴れていれば風光明媚だったことでしょう。ちょっと残念。

さすがにここでは十分に休息もできませんので次へ。

IMGP4122.jpg

まだまだハイテンションです。

次の目的地まで半分くらい走ったところの道の駅「湯の川」で小休止

DSC_0185.jpg

雨は一向に弱まる気配無し。福岡は降ってないとのことだったので希望はあるかも?

ここでちょっと予定を変更してサンドミュージアム手前の道の駅「ロード銀山」で昼食

IMGP4126.jpg

出雲そばと箱寿司。そろそろ出雲とさよならなので名物で固めました。

レインスーツのおかげで手足以外は浸水無し。

手足も濡れて無ければさらに快適だったんですけどね・・・。

雨用グローブとブーツカバー用意しとけばよかった・・・。

さて、お腹も満たされたところで再出発。ほぼ2時間遅れ。ん~~どうしよう。

がんばって走るしかないわけですが。

次はいよいよ仁摩サンドミュージアム。観光最終ポイント。

皆さん喜んでくれるといいけどな。とか考えながらスタートです。

つづく

連投です。さすがに焦ってます(笑

さてさて、部屋に荷物を置いて早速移動です。

IMG_7650.jpg

お風呂セットを手に徒歩10分。 ここらへんはなんだか雰囲気のある町並み。

と、思っていたら

IMG_7651.jpg

木綿街道という観光通りだったんですね。

IMG_7653.jpg

夕方でお客さんもいなさそうな・・・。変に賑わってるのも雰囲気壊れますけどね。

で、ほどなく到着。地元客でしょうか、時間も頃合のようで結構賑わってました。

入浴場面は自重して割愛させて頂きます。

そしてようやくほっと一息。夕食の時間。

IMGP4098.jpg

実は宿泊費結構安く設定したのであまり期待してなかったのですが

良い意味で期待を裏切ってくれました。

あ、Yさん写ってない・・・。すみません。

この後、かなり盛り上がったのは言うまでもありません。

いろいろ話しましたが良く覚えていません(汗

だけど皆さん酔ってもすごく楽しい話題で盛り上げて頂いて

バイク関連からバイク以外の話までいろいろ聞けました。

本当に来て良かった。

私はアルコール飲めないのでずっとお茶でしたけど・・・。

で、結局閉店間際までいました。

ぶらぶら宿まで歩く道のりがまた良かったです。

残念だったのはホテルの予約がなかなか取れなくて

部屋割りがご希望に添えなかったことですね。

次行くときはもっとがんばって皆さんの希望に答えますよ!

明日は9時出発です。ゆっくり目の出発ですが疲れが残るといけないので

早めに寝ましょうかね、と思ってもやっぱりいろいろ話すんですよね(笑

この時点で19日の降水確率90% 絶対降るってこと。

ざぶざぶ降らなければいいな~。と願いつつ就寝。

つづく

いよいよ3回目となりましたツーリングレポートですが

内容はまだ1日目だったりします。早くも先週の話題ですので急いでいきましょう。

さて、無事に出雲大社参拝を終えて「日御碕灯台」へ向かいます。

絶景ポイントらしいのですが行った事無いので楽しみです。

場所は出雲大社より9kmほど走った所。結構近い感じ。

写真撮れなかったのですが海岸線に沿って走る行程はなかなかの快走ルートです。

ちょっと狭くて多少うねうね曲がってますがこういうとこが好きなので・・・。

10分くらいで到着した「日御碕灯台」本当に絶景でした。

IMGP4088.jpg

ここから日本海を眺めると・・・

IMGP4093.jpg

水平線を見るたびに地球って丸いんだなと思います。

IMGP4092.jpg

近くで見ると不思議な雰囲気です。

中にも入れます。 が私は登る元気が無く見上げるのみ・・・。

メンバー数名の方々が突撃しました。

Aさんに画像頂きましたのでそちらでご勘弁を。

IMG_7647.jpg

ここが入り口のようです

IMG_7628.jpg

半らせん状階段のようです。

IMG_7643.jpg

照明の本体のようです。

さらに外へ出ると・・・。

IMG_7632.jpg

高い! あたりまえか(笑

IMG_76311.JPG

達成感!!

IMG_7638.jpg

頑張った人だけが見られる景色ですね~。

で、登ったら降りるわけです。

IMG_7644.jpg

意外と狭いようです。

IMG_7645.jpg

堪能させて頂きました。突撃お疲れ様でした。

さて灯台も満喫したところで宿へ向かいます。

意外と暑くてすでに飲み物やアイスで寛いでる方も数名。

多少へばってきましたか?

ここから宿泊先までおよそ24km 本日ラストです気合入れて行きましょう。

国道431号 何にも無いです。信号もすごく少なくてあっさり到着。

福岡市近郊なら24kmって1時間近くかかりそうな感じですが半分くらい?

とはいえ予定を1時間ほど超過。ま、想定内ですけど。

宿泊先のホテルはもちろん風呂付ですが近所の温泉施設へ行きました。

しかしまあ、なんというか閑散とした町。良く言えばとても静かなところです。

ホテル周辺は人も車もほとんど見かけません。

夕食は温泉施設内に19時から予約取っていましたが現在18時。

温泉入って夕飯で良さそうということで早速ゴー。

久しぶりにのんびりとした夕刻を過ごしました。

つづく 

さあ、第2回目です。

天候に恵まれて中国道も快適に走れます。

朝倉PAに予定通り到着。

IMGP4064.jpg

なんにも無いとこです。パーキングエリアだから仕方ないですが。

古賀SAで見た「おいでませ山口へ」の看板がここでも出迎えてくれました。

むぅ・・・ここは島根県のはず。古賀も福岡県なのですが・・・。大人の事情ですかね。

何も無いところでしたが2日間で一番爽やかな休憩でした。

さてさて、のんびりしてるとあっというまに時間は過ぎます。

次のポイントは安佐SA。約68km先。ここでは給油もします。

安佐SAまでは予定通り。再出発が少し遅れましたが想定内。

次のポイント「道の駅 たたらば壱番地」へ向かいます。

3月30日に全線開通したばかりの松江道 雲南吉田ICを降りてすぐにある道の駅です。

雲南吉田ICは無料区間内のICなので降りても大丈夫!

距離は約97km 1日目で最も長い区間です。気温も上がり暑くなってきました。

IMGP4066.jpg

こんなところです。駐車場は広く見えますがほぼ満車。バイクも端っこに誘導されます。

IMGP4067.jpg

こんな感じでぎゅうぎゅう詰め。

ここで昼食にしました。蕎麦がすごく美味しかった。けど写真撮り忘れた(汗

鷹の爪ソフトがすごく気になったけど食べてる余裕が無かった。再チャレンジですね。

ほぼ遅れ無しで松江道に戻ります。

ここからは一気に出雲大社へ向かいます。距離は約55km 

出雲ICからは一般道なので以前の記憶を頼りに松江道走りながらルートの復習。

基本的に一本道なのですが信号で列が切れると迷うかも・・・。

と思っていたら駐車場間近でSさんとM君がはぐれました。すぐ合流できましたけど。

大社周辺は思った以上に車も人も多い。さすが60年ぶりのビッグイベント。

さて、参拝の用意して、いざ! っと歩き出したら参道の真ん中あたりに出てしまった。

IMGP4068.jpg

正門へ向かっているところ。折角ここまで来たのに中途半端はイカンということで。 

IMGP4069.jpg

この辺を「勢溜(せいだまり)」と言ってこの木製の鳥居の先が神域ということ。

IMGP4072.jpg

で、記念撮影。 15時くらいだったかな? 出発から9時間経過。皆さん元気いっぱい

この為に来たんですから疲れも吹っ飛びます。

ここから改めて参道へ。

IMGP4073.jpg

結構な角度で下ってます。これは珍しいことらしい。

そういえばここの注連縄は一般的な神社と向きが逆とか。いろいろ特別なんですね。

IMGP4075.jpg

松で3本に仕切られた参道。昔は真ん中通ったらダメだった、けど今はいいらしい。

時間が経つと神様もよりおおらかになってくるのか。

だけど真ん中を車で入れるのは天皇陛下だけ。さすが。

IMGP4076.jpg

 

IMGP4077.jpg

 

IMGP4078.jpg

ぉぉおおお!4年ぶり!!感動!!あの時はプレハブしか見れなかったからな~

右手奥に見える行列は参拝の列です。まるで正月の初詣のよう。

IMGP4080.jpg

無事参拝を終えました。「二拝 四拍手 一拝」と、これまたちょっと変わってます。

ちなみに出雲大社は「夜」を守る神様とのこと。「昼」は伊勢神宮にお任せ。

そうそうおみくじも引いてきました。

IMGP4081.jpg

みんなで引いた後悩みました。どこにも吉とか凶とか書いてない。

Iさんが巫女さんに尋ねてくれました。ここのはそういうこと書いてないらしい。

中身よく読んで自分で解釈しろということのようです。

私のはまあ吉といったところでしょうか。運勢というより注意事項といった感じ。

なんてことをしてるうちに出発時間が迫ってきた!

再出発は15時30分  遅れたらおいていきますよ!と言った自分が最後でした(滝汗

さて次は「日御碕灯台」 予想以上に良い所でした。

これはまた次に。 

勝手に出雲"弾丸"ツーリングとタイトル付けましたが

それなりの気合がないとたどり着かない距離でした。

怪しい天気予報にも負けず参加15名プラス私で行ってきましたよ!

IMGP4071.jpg

ゴール場面だけだと簡単に到着してるようですがやっぱりここは結構遠いです。

もちろん一泊です。

集合の古賀SAからの計測で往復928km、みなさんのトリップメーターは

自宅までを含めますので1000km超えだったのではないでしょうか。

今回のツーリングはHP上の案内だけで勧誘はしておりません。

自然とお集まり頂いた「バイク好き」。まさに奇跡。かも(笑

さて、というわけで早速レポートしてまいりましょう。

5月18日土曜日 天候 晴れ時々曇り 古賀SA朝5時30分集合

さすがに私が遅刻するわけにもいかないので30分前到着予定で向かいます。

が、先着されてました(汗

IMGP4058.jpg

早すぎっすIさん ・・・。

それでもちょっと世間話している間に続々と

IMGP4059.jpg

皆さんほぼ同時刻に到着です。スバラシイ・・・。

IMGP4060.jpg

全員揃ったところで太陽も出てきて少しずつ気温も上がります。

午前6時。トリップメーターをリセットしていよいよスタート。

まずは「めかりPA」まで移動。待ち合わせの為7時到着予定。楽勝です。

IMGP4061.jpg

15分前到着。余裕。  って待ち合わせのM君いないけど・・・?

予定の7時になっても現れない。電話電話、と慌てて連絡。

よかった電話出てくれた。ふむふむ・・・あ~入り口通り過ぎちゃったわけね(笑

高速初心者だから許します(>▽<)b

と、いうわけで再出発。次のポイントは「美東SA」 M君との合流もここに変更。

およそ56km あっけなく到着。 M君も無事合流。よかったよかった。

IMGP4063.jpg

なんかリニューアル工事中で残念な感じの美東SA

行きは中国道を使うのでここで全員GASチャージ

次のGSは150km先にしか無いのです・・・。

風は冷たいけど日差しは暑いという、どうしたらいいのかわからない天候

ベンチレーション付きの3シーズンジャケットが良さげ。実は私もそう。

だけどインナー入れてこなかったからちょっと寒かったり。がまんがまん。

8時20分ちょっと過ぎに再出発。予定通り。

次のポイントは「朝倉PA」79km先です。

中国道は80km/h制限なので到着予定は1時間後の9時20分。

ま、これも余裕で行けます。高速は楽で良い、眠くならなければね(笑

楽な距離でも油断大敵。気を引き締めて

fc046fddcf782acc34f7b4d181980a5f.JPG

うっかり足元をすくわれないようにしないと。

まだまだ元気いっぱいの一行の行く先には何が待つのか

つづく

 

このアーカイブについて

このページには、2013年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年4月です。

次のアーカイブは2013年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。