2012年6月アーカイブ

YZF-R1展示車 第二形態へ進化 

| トラックバック(0)

こんな感じになりました!

IMGP3527.jpg

比較画像が無いからよくわかりませんか?

今回追加したのはこれ!

IMGP3523.jpg

ZERO GRAVITY製スクリーン "コルサ"

深く伏せなくてもウインドプロテクション効果を発揮。

IMGP3524.jpg

社外パーツにもかかわらず縁までしっかりとフィット。きちんと精度でてます。

スクリーン越しの視界は歪みも少なく良好です。

そしてそしてもう一つのアイテムはこれ!

IMGP3525.jpg

AGRAS製スライダー

ナイロン樹脂削り出しでスタイリッシュ!

転倒⇒滑走⇒カバーが削れて穴あき⇒走行不能  というリスクを大幅軽減!

もちろん反対側も。

IMGP3526.jpg

このとおり!

こちら側のカバーは変形するとエンジンの調子がおかしくなったりするので注意!

穴が開くとオイルも漏れます。

これまたさりげないフォルムで目立ちすぎずカッコイイではないですか。

今回は機能パーツで固めてみました。

いよいよ次回第三形態はどうなるのか?!

0CWRYIaZOv2s.jpg

もう気になって目が離せません!!

このアーカイブについて

このページには、2012年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年5月です。

次のアーカイブは2012年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。