2011年7月アーカイブ

夏期休暇のお知らせです。

| トラックバック(0)

メーカー夏季休業期間のお知らせです。

 

YSP友泉は、メーカー夏季休業中も、ショールーム、サービス工場ともに

通常営業しておりますが、メーカー休業期間は、部品の入荷等がございませんので、

修理対応、車両のお預かり等ができない場合もございます。

期間中にメンテナンス等をご検討されている方は、お早めにご連絡下さい。

 

夏季休業期間中のお知らせ。

 

修理受付は、8月9日(火)まで。

受付再開は、8月18日(木)から。

 

なお、期間中でも在庫部品等で対応できる作業については対応させていただきます。

休業明け等は作業予定が詰まっている場合もございますので、通常よりも完了までに

時間を要する場合もございますのでご了承下さい。

 

 期間中大 変ご不便をおかけする場合もございますが、

 どうぞよろしくお願いいたします。

 

YSP友泉

お問い合わせはこちらからお願いいたします

今日のエアクリーナー交換は、10000kmほど走行したドラッグスター1100。

 

DS11のエアクリーナーエレメント交換です。使用前、使用後で比べると、一目で判るほど汚れています。

 もちろん右側の白い方が新品です。

エアクリーナーエレメントも汚れているのですが、

今回は交換をしようと、そのカバーを明けた時に・・・

謎の液体が!中から茶色い謎の液体が!

エアクリーナーボックスからダラダラと

 

  床にまでこぼれてしまうほどこれは、「吹き戻し」や、「吹き返し」といわれるもので、

エンジンに送り込まれたものの、何らかの理由で燃えきらずに

キャブレター側に戻ってきてしまったガソリンが溜まった物だと思われます。

 

調子が悪いバイクでなくても、乗り方などで多少は発生するので

エアクリーナーボックスには、ドレンパイプと呼ばれる

一時的にためておくところがあるのですが、その量を超えてしまうと

エアクリーナーボックスの中に溜まっていきます。

これが「ドレンパイプ」だ!マフラーなどを交換したカスタム車両や、カスタムしていなくても

通勤などの渋滞等ノロノロ運転を頻繁にする車両などは、結構溜まっている可能性があります。

気になる方はぜひ、YSP友泉で定期点検を受けてください。

 

点検の詳細等は、お店までご確認下さい。

タイヤ40%オフキャンペーン!!

| トラックバック(0)

毎回ご好評いただいております、YSP友泉の 「タイヤ40%オフキャンペーン」

今回は、7月~9月までの3ヶ月間開催します!

今年は3月~4月にも、タイヤ価格の値上がり前の緊急開催もありましたが、

その際に交換できなかった方も、ぜひご検討下さい。

※ タイヤ販売価格が変更になっておりますので、前回とは料金が違います。

 

今回は、こちらの「YZF-R1」のお客様。

フロントタイヤ交換中スーパースポーツモデルの「YZF-R1」といえば

操縦性に優れたハイグリップなスポーツタイヤというイメージですが、

この車両は、主に通勤や仕事の移動などでご使用になられており

また、その移動距離が、九州地区を北へ南へ西へ東へと走り回り

1ヶ月の走行距離が約5000kmという恐ろしい距離を走破されます。

交換完了!そのため、コーナリング性能やグリップ力を重視したスポーツタイプでは消耗が激しいので、

ロングツーリングなどに最適な、ライフ重視のシリーズの、ダンロップ社の「ロードスマート」という

タイプを装着しました。

 

ロードスマートです。タイヤは、メーカーがそれぞれの利用条件にあったタイプをいくつか作っています。

ツーリングメインなのか、ワインディングメインなのか、グリップ重視かライフ重視か

自分が思う、バイクの乗り方にあったタイプのタイヤを選ぶ事をお勧めします。

最近では、車のタイヤで見られる、「低燃費タイヤ」なんていう種類も出てきました。

 

低燃費タイヤの、DUNLOP 「ENASAVE(エナセーブ)」

 

自分にはどんなタイヤがあっているのか?

興味のある方は、ぜひスタッフまでお問い合わせ下さい。

 

9月30日注文分までがキャンペーン対象です。

ご来店お待ちしております。

(キャンペーン対象のタイヤメーカーは、当店指定の物になります。)

先日、ヤマハ発動機より発表されました、

マジェスティーに関してのリコール作業のご案内です。

ヤマハ発動機:マジェスティーに関するリコール情報

 

今回の不具合箇所は、集中アース・ジョイントコネクタの許容温度に余裕が無い為

通電による発熱でコネクタが溶損する恐れがあり、その場合、ヘッドライトやホーンが

作動しなくなる恐れがある。という事です。

 

ピンと来ない方にもう少し詳しく簡単に説明させていただくと、

オートバイに流れる電気は、バッテリーなど電源から、それぞれの部品や箇所に

メインハーネスという配線の束を通して直接プラス電流が流れ、それぞれライトを点けたり

ウインカーを点滅させたり、メーターを動かしたりします。

マイナス側の電流も一部メインハーネスを流れますが、バイクのメインフレームという

骨格に当たる部分に直接マイナス電流をながしバッテリーに戻って行きます。

 

電流はプラスからマイナスへ流れます。まだ、良くわからないという方は、理科の詳しい人に相談してください。

 

そんな、それぞれ流れるマイナス電流を一旦集めているところが、

今回不具合の出た「集中アース・ジョイントコネクタ」という部品です。

 

これが集中アース・ジョイントコネクタ電気が配線に流れると、熱が出るのはなんとなくわかると思うのですが

今回、ヘッドライトとホーンに関する配線の部分の発熱が大きいものがあるために

コネクタの樹脂部分を溶かしてしまう物が出てきたようです。

 

ここまで外装を外します。そこで、ヘッドライトから直接バッテリーまでのマイナス配線を、

別に設けるという事が今回の作業になります。

  サブハーネス

メインハーネスは、メインフレームに沿って取り付けられていますので

  スクータータイプのように、外装のある車両は、外装を外さないと作業ができません。

サブハーネス取付ました。

 

サブハーネスとメインハーネス

今回は溶損などの不具合は出ていませんでしたので、サブハーネスの取付になりましたが

既に溶けてしまっている物については、メインハーネス全部の交換になります。

 

サブハーネス取付の場合の作業時間は、およそ1時間~1時間30分ほでです。

メインハーネスの交換になる場合は、2時間~3時間ほど必要かと思います。

該当する車両にお乗りの方には、メーカー及び各販売店から

リコールに関するお知らせが届いているかと思いますのでご確認下さい。

 

ご不明な店がございましたら、他店でご購入された方や、譲ってもらった方など

当店でご購入いただいていないお客様でも、お気軽にYSP友泉までお問い合わせ下さい。

 

ヤマハ専門正規ディーラーショップ

YSP友泉

お問い合わせはこちらから。

 

YZF-R1のカスタムコンプリート

| トラックバック(0)

納車整備中の新車の「YZF-R1」 

今から納車整備です。 

納車整備と一緒にカスタムパーツも組み込んでいきます。

今回のカスタムパーツは、お得なコンプリート車でしたので

こんなにたくさんの種類を取りつけます。

カスタムパーツが盛りだくさん。

 

まずは HIDヘッドライト。  

HIDヘッドライトYZF-R1は、2灯式なので2セット必要です。

 

そして、二輪用ETC車載器

ETCはやっぱり便利1000円高速は無くなりましたが、通勤割引などお得な各種割引はまだ継続中ですし

料金所で止まらなくて良いこの便利さは、1度体験するとやめられません。

 

その他、転倒時の車体のダメージを軽減するローラープロテクター 

ローラープロテクター

 

レーシングスタンドを使う時などに使用する、フックボルト 

フックボルトは意外と便利

スイングアームに装着するので、転倒時にスイングアームを保護する役目も若干あります。

 

HIDヘッドライトの灯色と近い色の。LEDポジションランプ。 

LEDポジションランプ

 

テール周りがスッキリする、フェンダーレスキットとリア・リフレクター 

フェンダーレスキット

 

意外と忘れがちなリア・リフレクター

 

ワイズギア製のカーボンサイレンサーカバー    ワイズギアのカーボンマフラーカバー

 

高速道路など高速走行で、効果絶大のレーシングスクリーン

レーシングスクリーンこの他にも、車体装着品ではないパーツの、シートバッグやインターコムなどなど

大変お得なセットになっていました。

 

今回はたくさんのパーツを付けたのと、またもや完成写真を撮り忘れている物もあるので

各部詳細については追々ご報告して行きます。

 

在庫特価車は既に完売になってしまいましたが、

カスタムやコンプリート車の販売は随時受付中ですので

気になる方は、YSP友泉までお問い合わせ下さい。

このアーカイブについて

このページには、2011年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年6月です。

次のアーカイブは2011年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。